• HOME -
  • 助成公演事業 -
  • 新人助成公演・助成公演とは

助成公演事業

新人助成公演・助成公演とは

音楽を志す人のステップとなるよう
演奏会開催のための
助成を行っています。

さまざまなサポートで演奏家が活躍できるステージを実現。

音楽を志す方にとって、演奏会は日頃の成果を発揮する晴れの場であり、レベルアップのきっかけとなります。財団では、音楽家の支援のため青山音楽記念館 バロックザールで開かれる演奏会費用を助成する事業を行っています。年間100前後の公演やリハーサルなどを行う中で、全体の8割を占めている大きな取り組みです。音楽家のみなさまが思う存分活躍できる、素晴らしい演奏会を行っていただけるよう支援をご用意しています。

助成公演以外のホールのご利用(発表会などの一般公演等)は貸館利用ガイドをご覧ください。

新人助成公演

若い音楽家の演奏会開催の負担を軽減するため、バロックザールのホール使用料や、付帯設備使用料をはじめとするさまざまな助成をしています。25歳以下のソロリサイタルであることなど一定条件を満たすことと、青山音楽賞「新人賞」へのエントリーも必要となります。ひとりの音楽家としてリサイタルデビューをする際にも最適です。

こんな方が助成を受けられます

  • 25歳以下である
  • 水・木・金曜日(祝日を除く)で開催する
  • 青山音楽賞新人賞へエントリーする
  • 公演予定日の7カ月以上前である

※ 詳細は各申込要項でご確認ください。

助成内容
  1. ホール使用料およびピアノ使用料(13:00~21:30)
  2. 標準仕様のピアノ調律料(立ち合い費用は除く)。
  3. チラシ(A4片面カラー/最大8,000部)、チケット(最大250部)、招待状(最大50部)、プログラム(最大250部)のデザイン・印刷料。
  4. 公演当日の受付およびクロークの人件費(3名)
  5. 公演の本番CD録音に係わる諸費用
  6. 公演開催に必要とされる最小限の備品貸出

助成公演

演奏会をより多く開催することも、音楽家として成長するためには不可欠です。財団では意欲的な音楽家をサポートするため、公演の内容が一定条件を満たしている場合、バロックザールのホール使用料の一部を助成しています。併せて青山音楽賞へのエントリーも可能です。リサイタルはもちろん、アンサンブルなどさまざまな編成でご利用いただけます。

こんな方が助成を受けられます

  • 26歳以上である、もしくは25歳以下だが、土・日・祝の演奏会を考えている
  • 公演予定日の4カ月以上前である

※ 詳細は各申込要項でご確認ください。

助成内容

ホール使用料(一般料金)の3分の2を助成します。助成額はホール使用日および使用時間区分により異なります。

ホール使用料(税込)

※2019年9月30日の公演まで適用(消費税率8%)