• HOME -
  • 顕彰事業 -
  • 受賞者からの声

顕彰事業

受賞者からの声

©井上嘉和

通崎 睦美

つうざき むつみ/マリンバ

1993年(第3回)

青山賞※

※受賞時の名称 青山音楽賞

とにかくやりたいことを存分に盛り込んだ「通崎睦美2夜連続マリンバコンサート」で、第3回青山賞をいただきました。25歳の私が自分の道を信じ邁進していく、大きな力となりました。

©Lasp Inc.

菊本 和昭

きくもと かずあき/トランペット

2006年(第16回)

新人賞

15歳から30歳までを京都で過ごした私にとって身近であり、そして栄誉ある賞。私が青山音楽賞・新人賞をいただいてから早いもので10年以上の月日が経ち、受賞を境にドイツ留学〜N響への移籍と、めまぐるしい時間を過ごしてきました。これからも青山音楽賞受賞者の誇りを胸に、その責任を背にして人としても演奏家としてもより一層精進して参ります。そしてこのような形で音楽家、演奏家を支えてくださる青山音楽財団の皆様に感謝申し上げます!多謝!!

黒岩 航紀

くろいわこうき/ピアノ

2017年(第27回)

新人賞受賞

※受賞時の名称 青山音楽賞

この度、青山音楽賞 新人賞をいただくことができ、大変嬉しく光栄です。素晴らしい音響と温かな雰囲気を持つ青山音楽記念館、バロックザール。心から愛するこの場所でのピアノリサイタルは、自分にとって特別で大切な演奏会でした。その演奏が認めていただけたこと、背中を力強く押していただけたことは、大きな自信に繋がります。受賞式でいただいた、審査員の先生方や関係者さまからの沢山の熱い励ましの言葉を胸に、ますます豊かでより良い音楽を求めていきたいと思います。