青山音楽賞歴代受賞者

2016年 《第26回》 青山賞:黒川 侑

黒川 侑

くろかわ ゆう

/ ヴァイオリン

プロフィール

1990年京都市生まれ。2001年全日本学生音楽コンクール小学校の部全国大会第1位。2002年クロスター・シェンタール国際ヴァイオリンコンクール第2位、最優秀バッハ賞。2006年日本音楽コンクール第1位、岩谷賞(聴衆賞)他4つの特別賞を受賞。2015年ルドルフォ・リピツァー国際ヴァイオリンコンクールにて最も芸術性の高い演奏者に贈られるAnna Piciulin特別賞、2016年仙台国際音楽コンクールにて聴衆賞を受賞。これまでにリサイタル、国内外のオーケストラとの共演など多くの演奏会に出演。国際音楽祭ヤング・プラハに招待され、チェコ各地でリサイタルの他、ドヴォルザークホールでプラハ室内管弦楽団とメンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲を演奏し、音楽祭の名誉総裁、ヨゼフ・スーク氏に絶賛される。2014年スイス・ロマンド管弦楽団と、2016年スペイン国立管弦楽団との共演を果たした。小島秀夫、工藤千博、P.ヴェルニコフ、漆原啓子、堀米ゆず子、藤原浜雄、S.ルセフの各氏に師事。現在ブリュッセルを拠点にしながら桐朋学園大学院大学にも特待生として籍を置いて研鑽を積み、着実に演奏活動を続けている。倉敷市芸術文化奨励章、岡山芸術文化賞グランプリ、音楽クリティッククラブ賞奨励賞、京都府文化賞奨励賞、京都市芸術新人賞、出光音楽賞受賞。